2008年12月23日

補強と現状

社会人チームHOYOは来年、自信を持って生まれ変わります。

来年、本格的に上のリーグを狙える選手獲得の為に、Jリーグのトライアウトまで行きました。

その甲斐あって、数名のプロ経験者と話しがまとまりそうです。

この不景気の影響でどこの企業も人件費削減をしています。

それはHOYOも同じです。

サッカー部でも数名、職を失う決断をしました。

これは監督としては非常に辛いし、選手の事を思えば可哀想です。

会社も悪気がある訳ではない!

どうにか残せる方法を考えてくれましたが、経営状況などで、やむを得ずの決断となりました。

俺が言いたいのは、来年もHOYOでサッカーを出来る選手は実力があり、真面目にサッカーに取り組めると認められたからだと思う。

チャランポランにサッカーに取り組めば、今年でこのチームを去る選手に申し訳ないと思います。

明日も会社に行って、来年のスケジュール、チームの決まり事、チーム編成などを話し合ってきます。

プロ経験者も大学卒でも関係ない。

来年は俺も鬼になって、今まで以上に厳しい指導をしていきます。
posted by 増田忠俊 at 23:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。