2008年11月23日

優勝戦線

優勝戦線一歩後退です。

鹿島の貫禄勝ちと言っても仕方ない試合でした。

やっているサッカーの質、攻撃のバリエーション、個々の能力の違いが感じられた。

トリニータもディフェンス面では素晴らしいものはある。

ただセットされている相手を崩す工夫が必要です。

今日はピッチで解説とリポートと大忙しでした。

特に後半、試合の解説をしながら、監督のコメントを読み、交代選手をチェックしながら、また試合を見る。

キョロキョロしていて挙動不審になっていたと思います。

さぁまだ終わったわけではありません。

最後まで諦めずに最低3位に入り、来年のACLの権利を取って欲しいです。
posted by 増田忠俊 at 18:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。